×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ビフィズス菌 便秘

善玉菌(ビフィズス菌)を増やして腸内環境を改善

 

善玉菌(ビフィズス菌)を増やし活性化する3種類の食品

 

@乳酸菌食品(ヨーグルト、納豆、キムチなどの発酵食品)
  → 善玉菌(ビフィズス菌)そのものを増やす
A食物繊維(緑黄色野菜)
  → 善玉菌(ビフィズス菌)が育つ環境を作る
Bオリゴ糖
  → 善玉菌(ビフィズス菌)の餌になる

善玉菌(ビフィズス菌)を増やす食品といっても注意が必要です!

善玉菌を増やす食品を摂っても善玉菌が増えない?!

 

@乳酸菌食品(ヨーグルト、納豆、キムチなどの発酵食品)
外部から取り入れた善玉菌は、腸に届くまでに胃酸や胆汁によって大半が死滅してしまいます。
また、「生きたまま善玉菌(ビフィズス菌)が腸まで届く」というヨーグルトや善玉菌サプリもありますが、これも外部から取り入れた善玉菌は、元々腸内にいる善玉菌と相性が悪いので腸に住み着かずに出て行ったりしてしまいます。
※全てというわけではありません。摂取量の割に効果的ではないという事です。

 

A食物繊維(緑黄色野菜など)
そもそも腸内善玉菌が少ないと、善玉菌が育つ環境をいくら整えても善玉菌が増える事はありません。

 

つまり、善玉菌を増やし活性化するには、外部から取り入れるのではなく、元々腸内に住んでいる善玉菌を活性化させ増殖する事が最も効果的なんです。

 

元々腸内に住んでいる善玉菌を活性化させ増殖する方法・・・それは、オリゴ糖です。

 

オリゴ糖は、腸内の善玉菌のエサになり、これによって善玉菌が活性化し増殖します。
しかし、スーパーで市販されているオリゴ糖は甘味料としての物であり、オリゴ糖は30%くらいしか含まれていません。
腸まで届くには高純度のオリゴ糖が必要です。

 

 善玉菌を効果的に増やす高純度のオリゴ糖「カイテキオリゴ」

腸内の善玉菌を増やし活性化するには高純度のオリゴ糖が最も効果的

ちなみに「オリゴ糖」と聞くとシロップ状の甘いものを想像する方もおられると思いますが、一般に市販されているオリゴ糖は甘味料としての物であり、オリゴ糖は30%くらいしか含まれていません。
しかも、純度も低いものはオリゴ糖以外の糖質(ショ糖)が含まれているため、逆に悪玉菌のエサになり逆効果になってしまいます。

 

腸まで届き、善玉菌を活性化するには高純度のオリゴ糖が必要です。
高純度のオリゴ糖はヒトの消化器官内においてその大部分が分解や吸収されることなく大腸に到達します。
そんな高純度のオリゴ糖といえば、98%の高純度「カイテキオリゴ」が今、最も評価が高く人気です。

 

 善玉菌を効果的に増やす高純度のオリゴ糖「カイテキオリゴ」

 


効果が高い便秘解消食品
らっきょう/ヤーコン/わかめマヨネーズ/納豆/ごぼう/寒天/ヨーグルト/玄米/ライ麦/さつまいも/アロエ/みそ/大豆/こんにゃく/きのこ/おくら/ オリーブオイル/きケフィア/トマト/アポガド/豆腐/おしんこ/シリアル/そば/枝豆/グリンピース/あずき/ごま/甘栗/アーモンド/さつまいも/さといも/ かぼちゃ/切干大根/ニラ/ほうれん草/ キウイ/りんご/カキ/ドライフルーツ/ 昆布/しいたけ
便秘解消に役立つ食物繊維が多い食品
きくらげ/かんひょう/切干大根/いんげん豆/らっきょう/ライ麦粉/あずき/おから/オートミール/つくし/グリンピース/ しそ/パセリ/モロヘイヤ/ごぼう/にんにく/アシタバ/キャベツ/ユリ根/アポガド/枝豆/オクラ/キンカン/ブロッコリー/ エリンギ/菜の花/干しブドウ/バジル/大根/ぜんまい/玄米/あさつき/ほうれん草/キウイ/にんじん/春菊/タケノコ/ヤーコン/カリフラワー/小松菜/キウイ/ セリ/食パン/かぼちゃ/ねぎ/ニラ/みかん/プルーン/ピーマン/なす/すぐきな/カキ/たまねぎ/パイナップル/かぶ/サニーレタス/りんご/ふき/もやし/うどん/トマト/レタス