×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

便秘に効く食品ナンバーワンは?TOP >

便秘に効く食品ナンバーワンは?リンク集◆1

便秘 オリゴ糖

「オリゴ糖」と聞くとシロップ状の甘いものを想像する方もおられると思いますがあれは甘味料としての物であり、それには、オリゴ糖は30%くらいしか含まれていません。『北の大地の天然オリゴ糖』は成分のほぼ100%が天然のオリゴ糖です。一般的に、腸の調子が良い状態とは、腸内の善玉菌である乳酸菌、ビフィズス菌が活性化されている状態を言います。この調子を保つために、腸内の乳酸菌、ビフィズス菌を、外部から取り入れて増やすという方法があります(要は乳酸菌、ビフィズス菌の含まれた食品をとるんですね)。ところが、外部から取り入れたものは、腸に届くまでに胃酸や胆汁によって大半が死滅したり、腸に住み着かずに出て行ったりしてしまいます。外部から取り入れるのではなく、元々腸内に済んでいる乳酸菌、ビフィズス菌を活性化すれば、それに越したことはありません。高純度のオリゴ糖はヒトの消化管内においてその大部分が消化酵素により分解されず、 吸収されることなく大腸に到達します。そして 腸内に棲んでいる善玉菌であるビフィズス菌、乳酸菌のえさになるのです。その結果として善玉菌が増えて腸内が善玉菌優位の状態になって整腸作用が活発化し、おなかの調子が快適になるのです。

便秘 体質 改善

便秘は体質ではありません。便秘は単なる生活習慣病です。だから誰でも便秘を改善する事はできます。便秘に下剤を使わない事。下剤や便秘茶・浣腸というのは、腸を無理やり動かせるので、腸に負担がかかります。腸内環境を改善する事です。善玉菌を増やすものとして有名なのはオリゴ糖です。オリゴ糖は腸内に入って分解され、ビフィズス菌の増殖を促進する事がわかっています。

妊娠中 妊娠 妊婦 便秘

妊娠によるホルモンバランスの変化で、腸の筋肉が緩むことによって便秘が起こります。または子宮が大きくなり、腸が圧迫するからと考えられています。 妊娠初期にはプロゲステロンというホルモンが増加することによって腸管運動が抑制されます。また、妊娠中期以後では大きくなった子宮による腸管圧迫・横隔膜の運動性低下・腹筋の筋力低下などが加わることにより排便が抑制されます。要は、妊婦さんには便秘はつきものだと言えるでしょう。  便秘を防ぐには、ふだんから食物線維を多く摂ることが大切です。食物線維は、玄米・野菜・いも類・豆類・果物・海藻などに多く含まれていますので、これらをうまく組み合わせた献立を工夫しましょう。(1)朝起きたら冷たい牛乳を飲み、(2)軽い運動をし、(3)十分なトイレ時間をとってみてはどうでしょうか。 妊娠中は便秘対策を このような原因から、妊娠中は便秘になりやすい期間です。特に便秘を悩まない方でも、日常的に運動や食事に気をつける必要があります。運動は過激なのものではなく、ヨガや散歩などの軽いものが良いでしょう。食事は、食物繊維の多い食べ物や果物を多く摂り、十分な水分の補給を心がけましょう。腸内環境を正常化する乳酸菌も腸の動きの助けになります。 便秘薬を使用する場合は、まず、確かめてほしいのは、その薬は大腸を刺激して便意を起こすタイプのものかどうか、ということです。 大腸を無理に運動させると、大腸のとなりにある子宮もある程度影響を受ける場合があるからです。 薬により、大腸に刺激が加えられ、陣痛促進作用が出ることもあるそうです。 妊婦の方は、市販薬を自分の判断で使用することはできれば避けたいところです。 便秘の症状が辛いようなら、まず、産婦人科の医師に相談してみてください。 妊娠中で便秘でしたが、今は、ただただ感謝! 快便の幸せを知ってしまいました 現在妊娠中で苦しい便秘も力まなくて自然に

便秘 解消方法

便秘解消方法 食品(食べ物) 気持ちの良いお通じは、腸内細菌が深く関係していることがわかっています。腸内細菌には、大きく分けると、身体に有益な働きをする善玉菌と、体に害を及ぼす悪玉菌があります。これらの腸内細菌バランスは年齢や環境に応じて変化していきます。腸内細菌の中で、今最も注目されているのがビフィズス菌です。ビフィズス菌は善玉菌としては腸内に一番多く住んでいて、腸内全体の菌数の10〜20%にあたります。このビフィズス菌をさらに増やすことによって、便秘の解消(便通の改善)はもちろんのこと、食中毒の予防、免疫力の調整、生活習慣病の予防まで、たくさんの効果が期待できます。逆に、ビフィズス菌が減り、悪玉菌が増えてくると、便秘など様々な病気のきっかけとなります。つまり、便秘を解消するためには、ビフィズス菌をできるだけ増やしてやることが重要になります。このためには、下の要素を持った食事をすることが大切です。 【便秘解消に必要な食べもの】善玉菌(ビフィズス菌)の餌になるもの オリゴ糖(キシロオリゴ糖、大豆オリゴ糖など) ← 野菜、豆類、乳製品などに含まれる。善玉菌(ビフィズス菌)の増殖を助けるもの納豆菌、乳酸菌 ← 納豆、ヨーグルト、漬物などに含まれる。善玉菌(ビフィズス菌)の育つ環境を作るもの食物繊維 ← 野菜、穀類、海藻、豆類、果物などに含まれる。便秘解消の食事、ビフィズス菌を増やす食事、生活習慣病を予防する食事、免疫力を高める食事、すべて基本は同じです。穀物、野菜を中心としたバランスの取れた食事、これは日本の伝統食です。特に、玄米、緑黄色野菜、イモ類、豆類、海藻、果物、そして納豆、味噌、漬物(京の漬物・すぐき漬など)、ヨーグルトなどの発酵食品を上手に利用しましょう。現在の私たちの食事は、肉類などのタンパク質や脂質の多いものになっています。この食生活を変えることが、便秘解消の第一歩です。 どうしても食事で足りない場合には、食物繊維系サプリメントや乳酸菌サプリメントを摂取しましょう。

プロバイオティクス 食品

「プロバイオティクス」とよく似た言葉ですが、「プレバイオティクス」という言葉も使われています。これは、「プロバイオティクス」の好物で餌と言えるもの。例えば、オリゴ糖は、消化されずに腸に届き、ビフィズス菌の餌となり、善玉菌の働きを活発にして、悪玉菌を抑えます。フラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖、乳果オリゴ糖などが商品化され、特定保健用食品に認可されているものもあります。乳酸菌は、プロバイオティクスの中の代表的な菌種のことです。乳酸菌は、腸の中で糖分を分解してエネルギーに変え、乳酸を作り出す細菌の総称です。腸にとっては善玉菌として働きます。乳酸発酵食品を積極的に食べましょう乳酸菌は繁殖しながら糖分を分解して乳酸を作り、これを乳酸発酵と呼びます。乳酸による発酵食品というとヨーグルトやチーズなどを思い浮かべますね。最近は、ラクトバチルスG21株(LG21菌)、ラクトバチルス・ジョンソニ株(LC1菌)、ビフィズス菌ヤクルト株(B.ブレーべ・ヤクルト株)など、「プロバイオティクス」をキャッチフレーズにPRしている乳酸菌飲料やヨーグルト等も販売されています。TVなどでも取り上げられているので、よくご存じですよね。


Copyright © 便秘に効く食品ナンバーワンは?リンク集1 All rights reserved